So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

Androidではなくてdroidだと何度言ったら分かるのだ! [お買い物]

IMG_20161108_150323.jpg

先日のお話。自宅近くにこれほどまでにも良いたたずまいを醸し出しているお店を見つけてしまいました。どうも和菓子屋やお米屋さんなどではなく、どうやらタバコ屋さんらしいです。さ、さっそく中に入ってみましょう。

IMG_20161108_151808.jpg

すっと中を覗いてみると一方のラックには巻紙タバコがズラリ騒然。店主のお父さん(お母さんもいました。)に聞いてみると、なんとその種類約200との事。ビックリ仰天、アクロバットエアレース、RedBull。そんなお店は名古屋界隈なんかにはありはしませんともさ。

もちろん普通のタバコも種類はやや少なめですが置いてあります。『まあ、タバコ屋ですから。』とは店主のお父さんの談。でも、うるまやバイオレットとは、なかなか出会う機会がありません。なかでもアメリカンスピリットが並んでいたのは印象的。思わずおとうさん&おかあさんのセンスをピリリと微塵ともども感じさせます。

DSC_0114.JPG

さてさて、そのさつき濃さんのラインナップの中でも、もっとも目に付いたのがこのタバコ 。最初は、なにかのタブレット か何かかと思っていたのでした。そのタバコの名前とは…

droid(ドロイド)

androidではなくてdroidね。めちゃ デザイン格好いいとおもいませんか?。そんな訳で、一目で気に入ってしまいましたと相成りましたとさ。

さてお味の方はというと、まだ吸っておりません。と、言うよりも、やたら滅多とは吸えやしないのです。事程左様に大切に扱う事とします。何せお気に入りですしね。PCデスクのアクセントとしてしばらくは飾っておく事とします。なお、さつき濃さんについての詳細は以下のリンクをご覧下さい。

追記。ご店主様、こちらのお店はさつき濃なのでしょうか?それともてまきやなのでしょうか?それとも『どちらで呼んでもらっても良いですよ。』なのでしょうか?さ、お答え下さい。さあ!

あ、あと、楽天(こちらは明らかにお茶屋さんです。右上の喫煙具をクリック願。)にもお店がありますので是非どうぞ。
www.temakiya.jp


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

立体機変一括0円 [スマートフォン]

au HTC EVO 3D ISW12HT
上の写真は7月上旬に大須の某ショップにて機種変更一括0円で捕獲したISW12HT(HTC EVO 3D)。条件はパケット定額(プランEシンプル可)、IS NETスマートパスの3点のみ。なおかつ使用期間等の縛りは一切なし。今思い返しても、かなり美味しい案件でした。

そんなISW12HTですが、その後しばらくして手放してしまいました。何故なら、またこのくらいの条件でさらっと確保できるだろう、などと髙をくくっていたからです。加えて、後継機のISW13HTも発売されたという事もまたありましたしね。

実際に今でもTwitterで検索すると、関東地区では普通に機種変一括0円(なかにはCB付きなんかもあったりします)なの案件がチョコチョコ引っかかったりしてます。

その一方、当地名古屋での現状はというと、機種変更一括5250円+コンテンツ数点…どこを廻ってもこんなんばっかりです。

一括0円があったとしても、mamorino2やら盾などの抱き合わせ(近所のコジマやジョーシンはこんな感じでした)…ケーズ以外の量販店では、在庫をまだまだ抱えていそうなんですけど、いつになったらお手頃価格で機種変できるんでしょう?

また、個人的にはMotorola RAZR ISW12Mも気になります。どこの売り場に足を運んでも、売れてる気配はまったく感じませんからね。 第二のISW12HTになってもらえると、自分的にはとても嬉しく思ったりなんかします。

そんな訳で、期待に期待しまくって期待したりなんかしたいと思います<ISW12M

少しだけ謎めいたモバブを買ってみた。 [スマートフォン]

先日、iNeu Smart charger 2200というiPhone等で利用可能なモバイルブースターを購入しました。

auのiPhone4Sを愛用するようになってからはや二ヶ月。下駄(GEVEY Ultra S)を履かせて、そこにdocomoのXiのmicroSIMを差し込んで使用していますが、あちらこちらで書き込まれていますように、やはり下駄履きによりバッテリーの減り具合が少々早め(とはいえXi端末に比べれば遙かにましです)に感じるようになりました。

出掛ける→目的地内でうろに彷徨く→帰宅→バッテリーの残量を確認→[10%]

こんな毎日を過ごしつつ我が生涯に幕を引くのはやはり不安なため、モバイルブースターの購入を検討。幾つかの商品を見比べているうちに、「ケーブルのたぐいを一緒に持ち運ぶのはあまりスマートではない」などとふつふつ思う自分がそこに。

そんな自分が行きついた先は右記の商品、プロテック iWALK モバイルバッテリー for iPad/iPod/iPhone PIB-2500(iWALK2500)なのですが、

外せないDockコネクタのカバーが邪魔くさい
本体側面の銀メッキ加工が下品

などの理由により、商品ページにレビューもなく(楽天にあるレビューはたぶん違う商品のものだと思われます)「どんな案配なんでしょ?」などと、一抹の不安を感じながらもiNeu Smart charger 2200を選んだ次第であります。
iNeu Smart charger 2200 iNeu Smart charger 2200
パッケージの表面と裏面。紙箱の表面はApple製品によくある例のざらっとした感触のもの。裏面には日本語での説明書きが書き綴られたシールがペタリ。
iNeu Smart charger 2200
その理由は右側の同封されていた説明書。英語はおろか韓国語オンリーの説明書なんです。はなから海外では販売することを考えていなかった商品なんでしょうね。

左はブリスターパックに収められた本体とUSBオス-miniUSBオスのケーブル。microUSBではなくminiUSBだったのはちょっと意外に思ったものの、モバブではいたって普通のことのようです。理由はなんなんでしょう? microUSBでは充電の際になにか支障があったりするのでしょうか?
iNeu Smart charger 2200
iNeu Smart charger 2200の本体とDockコネクタのキャップ。本体に施されたエストラマーコーティングがなにやら落ち着いた感じを醸し出していて、所有する喜びを誘ってくれたりなんかもしてくれます。

キャップは本当にDockコネクタにかぶせるだけの小さなものですが、自分的にはこれで十分です。モバブを使用する際は、取り外して小銭入れ用の財布の中などにしまっておくと。これで万事OK。
iNeu Smart charger 2200
モバブを満充電して、意図的にバッテリーを空にしたiPhone4Sに接続してみました。

すると接続後数分で3つ灯っていた青色LEDランプのうちの一つが消えました。3つのLEDランプのすべてが消えたのはそれから2時間後。そして肝心のiPhone4Sのバッテリー残量はというと96%との表示。この事から、ほぼ1回分の電源供給が行える能力はあるようです。

上述のPROTEK iWALK2500は2500mmAhで117%、一方のiNeu Smart charger 2200は2200mmAhで96%ですので、容量から考えて、そのあたりは順当なところでしょう。

そして、こちらも気になるモバブ本体をフルチャージするまでの時間はというと、実測で約3時間半でした。1Ah出力に対応したUSB充電器を用いればさらに短時間でフル充電できそうですね。

ちなみに、ケースを付けたままDockコネクタに接続しても、ケースの厚みなどの問題も特になく、コネクタ同士の繋がり加減? も、まさに固くもなく緩くもなくといった印象。このモバブを取り付けたままのiPhoneを胸ポケットからを取り出しても、モバブだけはポケットの中…なんて事はなさそうです。
iNeu Smart charger 2200 iNeu Smart charger 2200
上の二枚はこのモバブのはみ出し量を表したものです。サイズは謀ったかのように表裏左右すべてが約6.5mmでした。

それでも10mmは超えないものの、装着したままiPhoneを操作していると、やはり若干の違和感はぬぐいきれません。そのあたりはいさぎよく妥協しとくのが賢いかもです。

以上、総論としましては、自分のほぼ理想としていたモバブが手に入ってホクホク。性能的にも左に同じくでさらにホクホク。また、価格面でもiWALK2500と比べると割安感を体全身で受け止める事ができて、よりいっそうホクホクといった感じだったりします。

そんなこんなでiWALK2500のレビューなどをお読みになられた方で、それらに決め手を見いだす事が適わなかった方には、この製品も選択肢の一つに入れてみては、などとお薦めしたく思ったりもします。


本命はカロリーメイトなんですが。 [お買い物]

トップバリュ ライトミール ブロック チョコ味
先に断っておきますが、非常食用の買いだめではなかったりしますので。

上記の写真は、職業訓練校の昼食用に買い込んだものです。自分は常日頃から意識して使わない言葉がいくつかあります。その一つがめんどくさいです。今回は自分の傍らにまとわりつく有形無形のうさ(嘘。毎日をぬるま湯につかりながら楽に過ごしてます。)を晴らすべく、そのセンテンスを乱発しつつ記事をおこしてみようかと思います。

自分は昼食を用意するのは前日の学校帰りにしています。朝の忙しい時間帯にコンビニに寄ってパン等を買い込むのはめんどくさいんです。

そしてつい最近になり、帰宅途中にスーパーに寄ってパンを買う行為すらもめんどくさいと思うようになってしましました。

そこで、この食品イオン系のPBであるトップバリュのライトミールブロックです。一箱400Kcalで128円。パンのようにかさばる事もなく、未開封時の賞味期限も一年と、昼食と考えると十分すぎるほどの長さ。栄養バランスにも優れる点(脂質が少し多いそうです。たぶんですが、ブロック状に成型する際に脂を使ってるのではないかと。)も見逃せません。

フレーバーは単品ですと、ココナッツ味、チョコ味、フルーツ味、ブルーベリーヨーグルト味の四種類。6種類のライトミールブロックというアソート形式で発売されているものですと、それら四種類に加え、キャラメル&アーモンド味とメープル&くるみ味の二種類が新たに加わります。

自分としてはチョコが一番無難の線で、次点でフルーツ味ですね。他のは×。できれば本家本元カロリーメイトの定番であるチーズ味があれば良いなと思うんですが。

そこでまた類似品の登場です。その名もヘテ カロリーバランス韓国の食品メーカー、ヘテ社の製品で、楽天ではおおむね100円前後で売られています。左の商品は一度は食してみたいチーズ味。


こちらはどの製品にもラインナップされているフルーツ味。


最後は初めての人でも安心かつ無難なチョコ味。



震災直後という事もあり、商品は品薄状態ですがなんとか購入できそう…と思うものの、通販につきものの配送の際に使われる段ボールの処理が、結構めんどくさいんです。

では、店頭で購入となると、さしたる確証はありませんが、なんとなくドン・キホーテやマツモトキヨシあたりで売っていそうなんですが、探しに行くのがわりとめんどくさいんです。

こんなめんどくさがり屋の自分に、店頭での販売状況を提供していただける方、ぜひともご一報ください。などとお願いしつつ、情報提供者の方々も書き込むのがめんどくさいだろうなぁ…などと思う自分なのでした。



オリジナルの記事をアップしてから、かれこれ5ヶ月間の時が過ぎ去ろうとする頃、とうとう店頭販売されているのを発見してしまいました!!

そのお店の名はかの ローソンストア100とダイソーなどの100円ショップです。それも3種類のフレーバーが揃った状態で並べてありました。まさに灯台もと暗しとはこの事です。これからは改心し、めんどくさがらずローソンストア100まで定期的に通いたいと思います。

今、メモリが熱い!! [PC]

と、いうよりもやたらと安い!!

そういった訳で、それほど必要感も感じないままではありますが、『今が底値っぽい。』という思いもあり、自分も購入に走ってしまいました。


今回選んだメモリは、←↑Corsair(コルセア) CMX8GX3M2A1333C9 [DDR3 PC3-10600 4GB 2枚組]です。

つい最近、まとまった収入を得る事ができたため、普段ならとにかく価格優先でノーブランドを選ぶところですが、今回はかのCorseir製メモリと、ちょっとおごってしまいました。

これについては、以前とある方から、『電源とメモリは良いものを選ぶべし。』とのアドバイスを頂いていたという事情もあったりします。

今回は、またまた知らないうちにポイントが貯まっていましたので、いつものamazon.co.jpではなく、上記のデジタルコレクション楽天市場店(ようするに大阪のSofmapです。)にて4000円で購入。

ちなみに購入前に地元名古屋のリアル店舗で価格調査をしたところ、8/17(火)時点では、大須のドスパラでの4680円が最安でした。

これが秋葉原なら3980円くらいで普通に手に入るんでしょうね。その点、PCパーツの価格を調べる度に、自然と彼の地へ向けて羨望の眼差しを向けてしまう自分が今ここに。

真夏の日中はママチャリでGO!! [自転車]

ここのところMacネタが続いていましたが、今回は約○ヶ月ぶりの自転車ネタです。

先々週、某症候群の発病によるものか、パンクのため2ヶ月近くもの長きの間放置しっぱなしにしていた我が愛しき相棒、青の一号(GIANT ESCAPE R3 2006)のパンク修理を行いました。

その日の屋外は日陰に入っいても十二分に暑さを感じる天候でしたので、青の一号の前輪だけを取り外し、狭くて狭い自室内で修理。修理といってもいつもの如く、チューブを交換するだけですけどね。

チューブを抜き取ったら、そのチューブにエアを入れます。この作業の意味はパンクした部分を確認するため。タイヤに異物が刺さったままなら、(抜き取る際にタイヤの位置をずらしていないという前提で。)これですぐに見つけられるはずです。

でも今回は見つかりませんでした。これ、結構不安だったりします。ただ単に見つけられなかったのだとしたら、今度は自分の手によりパンクさせてしまう事になってしまうからです。

タイヤに新しいチューブを入れ、噛み込みがないかをしっかり確認した上で再度チューブにエアを入れます。しかし、1気圧入れた時点で『プシュー』という、その時点で一番耳にしたくない音が耳朶を打ちました。ま、『やってしまった…。』状態ですね。

やってしまったチューブを抜き取り、再度タイヤの表裏を確認。そして、

タイヤに新しいチューブを入れ、噛み込みがないかをしっかり確認した上で再度チューブにエアを入れます。しかし、1気圧入れた時点で『プシュー』という、その時点で一番耳にしたくない音が耳朶を打ちました。ま、『またやってしまった…。』状態ですね。

結論から申しますと、上記の2本のチューブはパンクしたまま修理せずにほったらかしにしていたものだったのです。今回のこの一件を鑑みると、某症候群はそれ以前から既に始まっていたものと考えられたりします。

さて、パンクのため二ヶ月間愛車青の一号に乗れなかった自分ですが、その間に乗っていたのが母所有の電動アシスト自転車、YAMAHA PAS(ヤマハ・パス)だったりします。


至極当たり前のお話で恐縮ですが、電動アシスト自転車は電動と名付けられているものの、バッテリーを装着しなくても走行可能です。

自転車本体はもちろんの事ですが、バッテリーですらも高価なものなので、毎回母は乗り終わるとバッテリーを取り外し、家まで持ち帰ります。

もちろん消耗したバッテリーを充電するという意味もありますが、これにより盗難されにくくなるというメリットも享受する事ができます。チャリドロどもも、どうせだったらバッテリー付きを狙うでしょうからね。

自分の場合、往復10km程度で重い荷物を運ばないのであれば、バッテリーを装着せずに母に一声かけてから自転車を借りていきます。

バッテリーがなければ電動アシストの助けを借りることは叶いませんが、その分自転車を軽くした状態で乗ることができます。

その際の走行感はちょっと重めのママチャリもしくは、アシスト中の走行に例えるなら、エコノミーモードで乗っているような感じですが、内装3段変速機付きですので走りはまずますです。余裕があれば車道走行も可能だったりします。

それにしても夏はママチャリが一番ですね。自分の場合、青の一号や青の二号(GIANT DEFY3改 2009)に乗る際は、必ずバックパックを背負います。夏場はこれが不快的感抜群なのです。

何故なら背中が蒸し暑くて仕方がないから。そういった面を解消すべくバックパックの背面部分に縦方向に2枚のパッドを左右に貼り付けて、中央部分に空気を通すためのスペースを設けたバックパック(自分は←のdeuter Cross Bike(ドイター・クロスバイク)を所有しています。)もありますが、下ハン握って前傾姿勢をとりながら走行する以外、残念ながらほとんど効果を得る事ができません。

その点ママチャリはベリーグーの風誘ってくれたりしてくれます。

用事が近所のスーパーでの買い物なら、行きはバックパックは前カゴにスポッと収納。帰りはリアキャリアにゴムバンドで固定。背中が蒸れることなどまったくの皆無で、いつも快適でいられます。

そんなこんなで、ママチャリ、侮るべからずですな。<自分

書いてる最中にキーボードカバーが欲しくなったりしました。 [PC]

そんなこんなで舌の根も乾かぬうちに、なおかつ現状まとまった収入もないにもかかわらず買ってしまいました。



前回の記事の文末に書き記した例のApple Keyboard(MB110J/A)です。ビックカメラ.comにて定価の4,800円+ポイント10%、送料無料&翌日出荷で即ポチリ。現時点でこれが一番お得に手に入れる方法かな? と思ったり。

このApple Keyboard、ちょこちょこレビューを見かけますが、自分も簡潔に感想を書いておきたいと思います。

キートップとストロークはMacBook等のノートPCとほぼ同じですが、これが意外と押しやすく、このタッチ感にもうすでに虜になりつつあります。<自分

2ヶ月前に購入した格安ワイヤレスキーボード+マウス(Logicool Wireless Combo MK260)は、若干精度が悪いのか、それとも知らないうちに自分が変な癖を覚えてしまったのか、一部のキー(特に左Controlキー)を押下した際、グリッとした感触を覚える事があります。これ、結構気持ちが悪いです。キーストロークが深いという事はこういった副作用があったりするのです。

Apple Keyboardにはそういった事はありえません。浅いストロークで軽くキーを押すというよりもタッチしていくといった感じで、これがとても心地が良いのです。

そんなApple Keyboardですが、さほど目につくものでないものの、ちと不満に思う点もあったりします。
  1. 標準のUSBケーブルが短い。(延長ケーブルが付属しているからまあOKです。)
  2. キーボードの傾斜角を変えるチルトスタンドがない。(デザイン上の理由?)
  3. 両サイドにあるUSBポートの位置が微妙。(自分的にはあと1インチ奥がベストに思ったり。)
  4. キーボードのフレーム上面のアルミ厚が3.5mmあり、それもあってか重く感じる。(自分の場合、MK260としょっちゅう取っ替え引っ替えしますので、その度にそう感じますが、重さは実測で560g。MK260がキーボードのみで500gですから、実際にはほとんど変わりません。)
  5. ケーブルからApple製品特有の独特の臭いがする。(実は今、これが一番気になっているところだったりします。人一倍臭いに敏感な自分は、今現在ラップでケーブルを巻いていて、外気に触れないようにしています。この香りが漂ってくると、とたんに頭がクラクラするのです。<実話)

自分で書いておきながら、なにやらネガティブな面ばかりが強調されてしまったApple Keyboardですが、満足度を点数にすると90点以上は付けたいですね。

Mac OS X 10.6.3 リテールディスク以来のApple製品の購入で、なおかつ実際に手に触れられるハードウェア(ソフトウェアに比べても、所有欲が大きく満たされますよね。)では初の入手品であり、それも使用頻度の高いキーボードである事を差し引いても、上記の点数は揺るぎない数値であるに違いありません。

そういった訳で、このApple KeyboardでMacの世界をさらに満喫したくそう思います。

Macの嫁入り。 [PC]

iBookG4以前から何度か記事にした自分のiBookG4ですが、先日縁談のお話を持ち込んだところ、とんとんと話が進み、実はすでに嫁入りしてから約1ヶ月が過ぎようとしています。

旦那さんはあのSKさん。姉なら分かるかな? SKさん、その後は如何でしょうか? 時間がありましたら、是非こちらのブログも覗いて下さいね。キーボードの操作にも慣れたら、コメントなどもいただけると嬉しかったりします。<自分

そして一方の自分は、Mac OS Xの操作習得のためにamazonにて←のマニュアル本を購入。この本でところどころ抜け落ちているMacの知識を補完できればよいかなぁと。

何故にMac OS X 10.5なのかというと、SKさんのiBookインストールしてあるOSが10.5であるという理由から。自分が読み終わったら、お古で申し訳ないのですが差し上げるつもりなのです。

自分の扱うOSは10.6な訳ですが、バージョンの差異については特に問題なしかと。パラパラ読んでみたのですが、あまり違いがないような感じです。

それよりも毎回Mac OS Xを使う際に一番気になっているのは、キーボードの違いだったりします。WindowsキーボードでMac OS…使えなくはないというレベルで収まっていますが、徐々に徐々に苦痛感がうずたかくつのりだしてきたのを実感している自分が今ここに。

そんな訳で、Apple純正のApple Keyboardが欲しくて欲しくて仕方がない自分なのですが、いつもの事情で出来るだけ出費は避けたいところ。

残り物には福があるとばかりに販売最終日に買った2011サマージャンボ、5等とまでは言わないけれど、6等2枚くらい当たってくれないかなぁ?

夢見る自分と夢見たMac。(インストール編) [PC]

前回の前準備編に引き続き、今回はインストール編なのですが、結局のところ自分はインストール後半部分までは、ほかの方々が書かれた記事に丸投げしてしまうことを選択しました。

以前に比べるとかなり回復してきたように感じているのですが、いまだに無気力症候群を引きずっているみたいですねぇ。<自分

そういった訳で、インストールの前半部分はtonyさんのページのほか、画像付きで丁寧に説明されているページがありますので、“iBoot MultiBeast”等のキーワードで検索していただきつつ、そちらをご参照願います。

そして、ここからはインストール後半部分、というよりも、Mac OS X 10.6.3のインストールが無事完了したところからの自分が行った作業の手順です。
  1. Appleのページから、“MacOSXUpdCombo10.6.8.dmg”をDLしておきます。
  2. MultiBeast3.7.2を起動させておきます。起動させるだけで、インストールは進めません。
  3. “MacOSXUpdCombo10.6.8.dmg”をインストールします。アップデート完了後に再起動を求められますが、再起動は後回しにします。
  4. アップデートが完了したら、起動させたままのMultiBeast3.7.2をアクティブにしてインストールを進めていきます。(その際、MultiBeastが落ちてしまうことがありますが、その場合はもう一度MultiBeastを起動させてください。)
  5. 自分がカスタムインストールで選んだ項目は以下のとおりです。
  6. EasyBeast install
  7. System Utilities
  8. Drivers & Bootloaders>Kexts & Enablers>Audio>Rialtek ALC8xx>“ALC8xxHDA”と“AppleHDA Rollback”の二項目
  9. Drivers & Bootloaders>Kexts & Enablers>Network>“Realtek Gigabit Ethernet 2.0.6
インストールが完了したら、iBootのディスクを取り出しておいて、リブートさせます。

この状態でたいていの機能は使えるようですが、ざっと確認したところスリープ機能が使用不可でした。それを解決すべく、“SleepEnabler.kext.10.6.8.zip”を検索→DL→解凍→SleepEnabier.kextを、ブートドライブ直下のExtra>Extensionsフォルダ内に移動させ、再度リブートさせました。

これで見事ソフトスリープが使えるようになりました。さらに自分の場合はディープスリープを多用するだろうとの考えから、Dashboard WidgetsのDeep Sleep v1.2もDashboardに加えておきました。

ただ、このディープスリープで一つ不具合が発生しました。ディープスリープから復帰の際に、画面が真っ白な状態で、その他にはマウスカーソルが表示されるだけで、そこから先に進めないのです。

数時間の試行錯誤の結果、その状態で一度電源ボタンを押してソフトスリープさせ、再度電源ボタンを押してソフトスリープから復帰させると、完全な状態で復帰できることがわかりました。

上記の方法でなんとかディープスリープからの復帰ができるようになりましたが、操作が煩雑かつ数分間の待ち時間を毎回必要とします。

そんなこんなでMac OS X 10.6の場合、Windows7に比べ起動がかなり速いので、大量にプログラムを開いていない状態でしたら、素直に“システム終了”を選んだ方が良さそうです。

さて、自分の場合Windows7とMac OS X 10.6のデュアルブート可能な環境を作った訳ですが、どちらのOSを起動させるかは、PCを起動させた際にブートメニューを表示させて、それからそれぞれのOSがインストールされたドライブを選択しなくてはなりません。これが結構手間な作業なので、横着すべく自分は→の商品を購入しました。

アイネックス 3.5インチベイ HDD電源セレクタ HDD-SEL

2つのHDDを切替または同時に起動可能。マルチブートを簡単構築。片方のHDDが電源オフになることで、各HDDが安全に隔離されたマルチOSやマルチユーザー環境を構築できます。 またシステムは別HDDを用意しデーター保存先としてのHDDを切り替える用途にも使用できます。(※amazonの商品説明丸写し)

アイネックス HDD-SELそして実際の取り付けなのですが、これが結構難儀でした。

なにせp6550jpには外向きの3.5インチベイがないのです。外向きで空きがあるのはディスクドライブ用の5インチベイのみで、開閉するパネル部分はドライブのベゼル高と同じ。しかるに直接取り付けるとセレクタの位置が低すぎて、切り替え困難に陥るのは火を見るよりも明らか。

「何か良い手はないものか…」と呟きながら、PC用のジャンクボックスを探ってみると、5インチベイに3.5インチHDDを取り付けるアダプタを発見。実際に5インチベイに取り付けてみると、アダプタの上面と開口部の下部がほぼピッタリ。何という僥倖。あとはセレクタの位置を決め、両面テープでペタリ。これで快適な切り替えが可能になりました。

以上、これでインストール編の記事は綴じさせていただきます。Mac OSそのものの記事については、またの機会に。それではまた。<読者の方々

夢見る自分と夢見たMac。(下準備編) [PC]

先月のお話で恐縮ですが、自分のWindows7搭載のデスクトップPCに、Mac OS X 10.6をインストールし、なんとかデュアルブートする事ができたという夢を、数日の間に何度も何度も繰り返し見ました。

そういった訳で、備忘録として当記事に書き残しておきます。

まずは自分のPCの環境からご紹介。

PC:HP Pavilion p6550jp (2010年夏・量販店モデル)
CPU:Intel CORE-i3 540
M/B:MSI MS-7613
MEM:PC3-10600 2GBx2
VGA:HIS Radeon HD 6450 1GB
HDD:500GB,640GB,1.5TB
D/D:HP DVD-RAM GH60L

CHP:H57 Express
SND:Realtek ALC888S
NIC:Realtek RTL8111D




Mac OS Xをインストールするにあたり、CPUに統合されているIntel HD Graphicsは×との事から、ラデの最新6000シリーズの中でも最もお手頃価格だったHIS Radeon HD 6450 1GBを購入しました。

そしてHDDは物理的に別ドライブにインストールすべしとの事から、データストレージとして以前から使っていたSamsungの640GBをブートドライブにするべく再利用する事としました。

上記の理由によりデータストレージがなくなってしまいましたので、ほんのり渋々感を漂わせながら、WESTERN DIGITALのWD15EARSを新たに購入。

そして最後に、最も重要なMac OS X 10.6.3リテール版も購入しました。

自分の場合、Mac OS X 10.7のリリースが発表されたばかりの頃だったからか、どのショップを廻っても品切れだらけ。結局、Apple Store名古屋でポツンと一個だけ置かれていたパッケージをつかみ取らんがばかりの勢いで入手した次第であります。

PCの方で前もって変更しておく点は、Windows7をIDEモードからAHCIモードに移行する(レジストリを操作する必要があるそうですが、自分のPCの場合はBIOSでAHCIに変更した後にWindows7をブートさせたところ、自動的にドライバが組み込まれました。)点と、その後にBIOSの項目にて、HDDをRAIDからAHCIに変更する点の二点のみです。

そして、tonymacx86さんのページにて、iBoot-3.1.0と、MultiBeast-3.7.2をDL(要登録)し、iBootをメディアに焼いておきました。

これで下準備は完了です。次回はインストール編をお送りいたします。

○ちゃんへお薦めの一品。 [PC]

って、二品あげちゃってるけど。





dynabook TX/65D PATX65DLPで使えるメモリはPC2-5300(DDR2-667)で、Amazonの中でそこそこ信頼感のあるブランドで、お値段控えめというと↑の二つかな。

同じメモリを2枚買えば(計4GBね。)、デュアルチャンネルが使えるけれど、○ちゃんのVistaは32bitだから3GBまでしか認識しないからその点は注意ね。

残りの1GBのうち、256(128かも知れない)MBはグラフィックチップが使用するから、そんなに無駄でもないと自分的にはそう思うけどね。そんなこんなで、せっかくだからこの際、4GBにすることをお薦めしたりします。<自分

今時、黒のクーラーなんて滅多にお見かけしないのだ。 [お買い物]

ここのところ、大型電器店に入ると必ず向かうコーナーがありました。それはクーラー売り場だったりします。

うちの一番広い部屋(8畳+2畳半で、おもに母の部屋)にある冷房専用クーラーは20数年来使用している代物で、そんな思いはこれっぽっちもないにもかかわらず、半ばアンティーク感を醸し出し始めてるため、新品を購入してあげようと思い、あちこち見て回っていた訳です。

そして灯台もと暗しとばかりに、自宅から一番近いJoshinで見つけた激安商品が左の画像にある、コロナ CSH-N2211(W)。カタログを見ると今年のモデルであるにもかかわらず、46、800円で工事費込み。取り付け済みのエアコンを回収してもらっても、約53,000円。これを見逃す手はないとばかりに、カタログ片手に母に話をしてみると、

「いい。」

「要らない。」

「去年一度も使わなかった。」

の一点張り。うちの母は今年で64、来年夏には年金支給が始まる歳で、2~3年前から室内での熱中症などの話題もあり、そういった心配もしているにもかかわらず…救急車で搬送されても知らんからな。<母

しかしながら、自分はそう答えるだろうとかたく想像していました。では、次なる手を。

今度は右にある画像の冷風扇(単に冷風機とも呼ばれるもので、自分も同じモデル(SKJ-FM51S)を使っています。ただし、室内気温が30℃以上の場合や、湿度が高い時にはまったく使い物になりません。そんな時は送風機能のみ使っています。あと、二年目になるとパネル裏側あたりのネジがゆるみ、ビビリ音がします。そんな時はばらしにばらしてネジのひとつひとつを増締めをしてあげましょう。)を買ってあげると口にすると、即座に

「要らない。」

の一言でまたしても自分の言を軽く一蹴。

本人曰く、「あれがあるからいい。」との事。母の言うあれとは、以前自分が買ってきたタイマーも付いていないようなサーキューレーターが一台。これで今年も一夏しのぐらしいです。

そんな訳で、うちには自分以上の守銭奴が居るというお話、というか自分の愚痴でした。以上。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

たぶんVistaは多くの人々から見放されているに違いない。 [PC]

いつもどおりの唐突はタイトルではありますが、実際に去年の7月でシェアもWindows7に抜かれてますし、Vistaユーザーの方々(自分の見知りにも数人居ますが)、そろそろWindows7にアップグレードしませんか?

タイミング的にも良い頃合いかと。それというのも、今月の6/26日までWindows 7 キャッシュバックキャンペーンというものがありまして、Home Premium アップグレード版なら3,000円のキャッシュバックの恩恵を受けられます。

最安のAmazonで購入すれば11,837円。そしてキャッシュバックが3,000円ですから、実質8,837円。なんと9,000円を切る価格でWindows7が手に入ってしまいます。このチャンス、逃す手はないと自分では思うのですが、如何でしょうか?<Vistaユーザーの方々

それと個人的なフォローを二つ。以前NNさんに紹介したノートPC、価格を間違えていました。きっちり計算したところ、正しくは21600~21,800円でした。この場をお借りしてごめんなさいです。

ただしこのPC、docomoでXi(クロッシィ)という、新しい通信サービスを契約した場合にノートPCとデータ端末と事務手数料を0円で提供してもらえるという、ちょっとした手間のかかるものでもあります。縛りとしてはXiデータプランにねん(月々の最低金額1000円)に加入する事と、データ端末にケータイ補償(月々294円。30日間無料)をかける事と、OCNとのプロバイダ契約(月々525円。契約月を含む二ヶ月間無料)を結ぶ事の三点。

まず、契約後にMy docomoに登録してeビリングを申し込みます。これで-100円引き、トータルで月々900円になります。ケータイ補償とプロバイダは無料のうちに解約します。そしてXiのデータ端末は一切使いません。最後に二年後にデータ端末自体を解約します。

これで上記の21,600円~21,800円(左の価格は口座振り込みで申し込んだ場合、初回と二回目ぐらいまでは利用明細書が届くそうです。その場合、eビリングが適応されない可能性大ですので+200円と計算しています。)の範囲内で収まるはずです。それにしても安いとは言え、これほど手間のかかる商品を紹介する自分ってやっぱり×な人であると自戒に至りもします。

ちなみに自分がこの商品の紹介を受けたdocomoショップでは、3機種が選べました。2台はネットブックで、もう一台は10キー付きのA4サイズと呼ぶには大きすぎるノートPCでした。↑の画像、Acer Aspire 5336がそれです。価格は型落ちですのであまり参考にはなりませんが、中古で購入しても35,000円近くはするのではないかと。

それを他人(他人とはすなわち自分の事。)の名義で契約を結び、月々わすか1,000円の24回払いのような形で手に入れることができた貴方は三国一の幸せ者かも知れないぞ。間違っても自分の居る方角に足を向けて寝る事なかれ。

そして最後に二つ目のフォローを…しきれるかどうかは別として。

あのお方改め黒犬さんごめんなさい。以前、黒犬さんに欲しいかどうかはっきりしないものをプレゼントすると申し上げましたが、それが叶わなくなってしまいました。至極残念。本来なら手に入れてから伝えた方が良かったのですが、いつもの先走り番長の自分の悪い癖が出てしまった結果です。重ね重ねお伝えします。本当に申し訳ありませんでした。<黒犬さん

テュリャテュリャテュリャテュリャーリャー(後編) [日記]

前回記事からの続きです。それではどうぞ。



  • 6/01(水)
    • 次に進む基金訓練である“アンドロイドアプリ開発科”は2日後に開校。よって自分にとっては土日休みみたいなものである。する事と言えば今の風邪を一刻も早く治す事(熱は以前として37.5℃前後。そんなにしんどくない。)と、今日の午後を予定している実の×と一緒に

「私の事、絶対にブログに書かないでって言ってるでしょ!!」

  • 6/02(木)
    • あのお方風に記してみるとニート暮らしもはや二日目。そして風邪の方はというと37.5℃をはさんで上下にもみ合っている感じ。これではいけないという訳で、本格的に直すべく、この日は寝まくる事にした。
    • 今日は0時半に就寝、9時起床。そして、11時→14時、16時→18時、19時→22時(しかし、よくもまあこれほど眠れるわ。ここまでの域に達すると特技の一つになりそう。)と、ひたすら寝たおし、明日の開校式の準備をする。体はそれほど重くない。この時の体温は37.2℃だった。「あともう少しで平熱だ。頑張れ自分!!」と、自らにエールを送りつつ、風邪薬を服用したあと、23時半に布団にくるまった。

  • 6/03(金)
    • 目覚まし時計の鳴る15分前の7時に目が覚めた。これは良しとして、体温の方はというと38.2℃。38という数字を見た瞬間に今日は自分にとって大切な開講日であることなど微塵も考える事なく二度寝に入った自分。
    • 9時5分前に再び起床。9時5分に学校へ電話。二回目のコール音が鳴った途端、留守録に変わった。コース名と名前を伝え、風邪のために欠席とメッセージを残すも、なんだか不安。この留守録、1時限目の9時半までに来てくれる人、おるんかいな?
    • 連絡後、すぐに風邪薬を飲み、9時半に三度寝を始め、正午に起床。すると携帯に非通知着信が二回。「たぶんこれ学校」と、ピンと来た自分。これはまずいという事で、学校に再び電話し、「今からすぐにそちらに向かいます。」と伝えた。すぐにと言いつつ、コーヒー2杯、タバコ数本を消費してからだけどね。この時の体温は37.5℃。動けなくはないといった感じの状態。
    • 13時半に家を出て、14時半に教室に到着。やっぱり自転車→地下鉄だとトータルで1時間消費してしまう。自分には自転車→名鉄の手もあるけれど、たぶん短縮できても15分が良いところ。なので、しばらくは地下鉄ルートを使う事にする。
    • 授業の真っ最中なので、ノックしてから名前を名乗り教室の中へ。今回の教室は定員目一杯の30人。前回の15人とは密集率がまるで違う。机も縦に5列である。ある意味圧巻。
    • 先生、自分のところまで歩み寄って声をかけてくれた。「今日席替えをして、空いている席が一番うしろしかないんですけれど、前は見えますか?」と。「大丈夫です。」と、自分。確かに一番うしろの列に二つ空席がある。一つは左右を人に囲まれる席。もう一つは右壁側に一人、左側は通路。布団一枚引くとあとは足の踏み場もないようなごく狭い部屋で暮らしている分際ではあるものの、圧迫感をストレスに感じる自分としては後者の席を選ぶのは至極当然。先生に言われる前から自らその席を陣取った。
    • その後、授業に途中参加。一列ごとにクラス全体の目標を決め、その中から(五列だから、つまるところ五つの目標が上がる事になる。)一つを決めるという。その後、それぞれ列の人達が集まり、ワイワイが始まる。自分達のグループはわりと静かな方。30分ほどで目標が決まる。それを教室奥のホワイトボードに書く。ホワイトボードは以下のような感じ。
      1. ~~~~~
      2. ~~~~~
      3. ~~~~~
      4. ~~~~~
      5. ~~~~~←自分達のグループの意見
    • まずは一つ目と二つ目でどちらが良いか挙手で決める。数が少なかった意見は消えていき、残った意見は再び新たな意見と数を争う事になる。結果、見事に自分達のグループの目標が選ばれた。目標はというと…月曜に確認してきます。
    • その後は質疑応答の時間。自分は事務の方との入校手続きを始める。
    • そして16時に授業終了。自分は始末書ならぬ遅刻届を出す必要がある。先生に声をかけようとすると、逆に自分の名前を廊下の方向から呼ぶ声が。振り返るとそこにはMYさんとNNC君の姿。このお二人、次なる訓練の試験(会場は同じビルの一室)の前に、にわざわざ様子を見に来てくれたらしい。たった二日合わなかっただけなのに、やたら懐かしく思った。数分の会話のあと二人と別れ、先生に用意していただいた遅刻届に書き慣れた様子でペンを滑らす自分。都合10回くらいは書いていた駄目生徒ならではの技だね。
    • このあとにすると事と言えばただの一つ。会いに来てくれたのだから、逆に会いに行く。まさに目には目を、歯には歯をである。するとその場にはNNさんの姿も。試験会場への入室時間まで4人でガヤガヤ。すると、その列に見知りの顔が。自分の記憶では確かパソコン基礎習得科の試験会場でスーツ姿で座っていて、その後になり結局は辞退された方では? と。NNさんは「う~ん」といった様子。NNさんは開講後、探りを入れてくれるそう。たぶんあのお方だったら一発で真偽の程の判断がつくと思ったり。
    • 入室時間がきた。3人にエールを送りつつ、自分はSofmapまでブラブラ。今回の目的は実の×の



「だから私の事、絶対にブログに書かないでって言ってるでしょ!!」

テュリャテュリャテュリャテュリャテュリャテュリャリャー(前編) [日記]

ここ一週間は何かとあわただしく、ネタにするには十分な出来事が日々が続いていました。これを一つずつ記事におこしていくと大変ですので、ここは一つ、箇条書きで書きなぐりたく思います。それにしても、箇条書きって便利なものですねぇ。<自分

  • 5/27(金)
    • MOS Excel2003に見事合格。(得点面に目をやると、Wordとほぼ同等。)
    • 一緒の試験会場でMOS PP2003を受けていたNNC君(もちろん合格。しかも、Word,Excel,PPの三冠王)を連れて近くの居酒屋で18時半から合格記念会を開催。
    • その会場に金棒ならぬビールジョッキを片手に待ちかまえていたのは、例のあのお方。 今回の合格記念会のサプライズゲスト。しかしながらサプライズを仕掛けられたNCC君は特に驚いた様子はなし。もしかしたら、予想していたのかも。
    • その居酒屋で21時まで三人でガヤガヤ。居酒屋を出るとNNCくんは限 りなく逃走に近い形で離脱。
    • その後、「もう一杯」とあのお方に誘われ、ハシゴする事に。連れて行っていただいたお店は自分の知っているお店。ただし、昼間の時間帯に何度かお茶しただけで、夜半にお酒を飲むのは初めての経験。
    • カクテルなどほぼ飲んだ事がない自分は、直感でソルティードックを注文。とても飲みやすく、おいしかったです。<あのお方
    • 今回は終電前にお開き。あのお方さん、5時間近くも自分の相手をしていただきまして、有り難うございました。

  • 5/28(土)
    • 1時に就寝、13時に起床。やはりこのぐらい寝ないと寝た気がしないのであった。<自分
    • 2時間後、愛機Xperiaをバックパックに忍ばせ、家を出る。この愛機Xperia、2週間ほど前から勝手に電源が切れる症状に見舞われていた。しばらく様子を見ていても回復の見込みは一切なしなので、渋々感オーラを全身にまといつつ一番近くのdocomoショップに向かった。
    • 担当の方にあれこれ説明したところ、症状を確認後修理することになった。しかし、そのショップではスマートフォンの代替機がないとの事。近くのショップにないか訊ねると、3Kmほど離れているショップを紹介された。
    • 本来、自転車であれば約10分程度の行程であるものの、その日は雨でショップへも徒歩で向かった自分。徒歩だと約40分、どうしたものかと逡巡していると、目の前を市バスが通りがかった。そして閃いた。そのバスはとある地下鉄の終点まで向かうバスで、次に向かうdocomoショップはその地下鉄一本で行ける。すぐさまそのバスを追いかけて、停留所に止まっていたバスに飛び乗った。
    • バス→地下鉄で、もよりの駅に到着。駅からは徒歩3分の立地条件の良ショップで助かった。ただ、肝心の代替機が同じXperiaだったのはちと残念。GALAXY Tabあたりだったら、翌々日の喫煙所でMYさんに見せびらかしたのに。結構残念。
    • そのdocomoショップをあとにして、近くのスーパーに立ち寄り、そこからは徒歩。雨はパラパラ、風は多少といった感じで、台風が近づいてくる気配は今のところはなし。影響が出るのは明日か?

  • 5/29(日)
    • 今日は名駅で14時に元サブの先生に紹介された方と待ち合わせ。約5分前に○ちゃん(←ひねり感0)現る。ぎこちない挨拶のあと、パブリックなスペースである喫茶店に移動し、その喫茶店中央部の席を陣取り、日曜午後の昼下がりに堂々と例のブツの受け渡しをする。その後、30分ほど会話。○ちゃん、用事があるようで席を立つ。お別れとお礼の言葉を交わしつつ、自分は喫煙スペースに移動し、タバコを数本。○ちゃんプレゼント有り難う。ちょうどあと数枚のところだったから、よけいに有り難かったです。
    • そのあと実の×の根城に寄り、

「私の事、絶対にブログに書かないで!!」

  • 5/30(月)
    • 教室の記憶があまりない。きちんと授業を受けていただろうか?
    • 17時半から歯医者。先月唐突に発生した歯の痛みの元凶である親不知をとうとう抜くという。担当医、さまざまな器具を使い親不知を抜こうとしているが、苦戦している模様。途中なんだか良く分からない器具を持ち出し、親不知をつかむというか奥へ奥へと押し込もうとする。それも自分の頭がヘッドレストにズブズブと埋まっていくくらいの力で。歯は麻酔のおかげで痛みは感じないけれど、アゴの付け根と左側ののどの内側がひたすら痛い。数分間の格闘の後、諦めたかのような雰囲気の中、ベッドをおこされ口をゆすぐように言われた。そして右にある無数の治療器具の置かれた金属トレイに、血がところどころに付着した、しっかりとした奥歯が一つ。「あ、あの親不知抜けたんだ」と、心の中でつぶやいた。よくよく考えると担当医の「今から傷口縫いますね。」で、抜歯完了に気付くべきである。<自分
    • 待合室へ戻ると、受付の方から薬を3錠いただく。「すぐに飲んでください。」との事。たぶん痛み止めだろう。すぐに飲んで待合室で待っていると、名前を呼ばれ、「4920円です。」と、笑顔をもってして治療費代を伝えられた。歯医者って治療費が高い。この点が自分が歯医者を嫌うもう一つの理由だったりする。
    • 帰宅後、食事をとる。でも、奥歯には二重に重ねたパフがあり、ご飯はもちろんパン類も無理そう。仕方がないので、ストックしてある平和堂で売っているハッピーターンのパチもんを前歯で噛んで、治療した左側の反対側に流すようにのどに通した。これが結構時間がかかるので半袋で夕食終了。たぶんこの日に自分が摂取した総カロリー数は1000Kcal切るね。

  • 5/31(火)
    • 今日はパソコン基礎習得科の修了日。このクラスでありとあらゆる意味合いで飛び抜けた存在であるST君、早朝早々に先生を困らせている。その後、先生が書類をST君に渡し、それを順に書きこんでいくST。そして、教室を退室。どうやら特にする事がないのなら(いや、自習用のプリント類が用意してあるんだが)帰ります。などと抜かしたらしい。この場を借りて、STに告ぐ。一生涯その己の価値観を土塊一つ崩すことなく自らの人生を静かに閉じよ。絶対だぞ。
    • そして自分は最後の悪事として、「授業中にBlogの更新をする。」事にしたものの、パスワードがまるで思い出せずに断念。しかたがないのでプリントを数枚取り、最後の最後で真面目な生徒を演じる事にした。が、好事魔多し。
    • 昼休憩。いつものとおり椅子を三つ並べてベッドがわりにし、そこに横たわる自分。寒い。悪寒がする。鼻の奥と体全身がジリジリする。風邪である。ST、風邪を引いて数日間休んでいた。自分とSTとはNNC君をはさんだ向こう隣。人一人はさんだ距離であるものの、確実にSTの風邪を貰ってしまった模様。
    • 昼休憩後、横になったままでは良くないと先生から言葉をかけられ机に突っ伏す。ひたすら突っ伏す。この状態だとだいたい体温は37.5℃は超えている。しんどいしんどい、などと思いつつも、時間の経過をただただ待つだけの自分。
    • そして最後の6時限目。掃除を始めるというので、事前に書き記しておいたシナリオどおりトイレに逃げる(だってしんどいんだもん<自分)。15分後もどってくると、先生がこの学校で行われている一日教室の説明をしていたところだった。ちょっとトイレに長居しすぎたかと思いつつも、自分の席に戻る。
    • 残り15分ころからは、一人ずつ別れの挨拶をする事に。生徒の一人のおとうさん、感涙にむせび泣き、声が声にならない。自分としては男であっても、こういう涙は良いと思ったり。
    • 16時。授業終了。自分は風邪っぴきという事で一番(厳密には二番目)に席を立つ。先生、わざわざ声をかけに自分のところまでやって来る。そして両手で自分の手を握りながら話をしてくれたけれど、内容はその時頭朦朧感80%だった自分には…「へるぷですく」くらいの言葉の記憶のみ…誠に申し訳ありません以上の言葉が出てきません(涙

今回はここまで。6/1からは別記事でお送りいたします。

ドロイド君は多くの人々から愛されているに違いない。 [スマートフォン]

一昨日はMOS Excel2003の受験日でしたが、その話題はザックリ切り捨てつつ、この場を借りつつ、唐突でありながらも、

NNC君(誰だよ?)に告ぐ。

NNC君が興味を示していたドロイド君ストラップは、Yahoo!ショッピングあきばおーヤフーショップでも売られていたり。

でも、金額的にも送料的にも、ヤフオクで落とした方が安く手に入ったりも。もちろん、それなりの手間はかかるけれどね。そして、クリア感をほんのり醸し出している青のドロイド君ストラップに興味津々の自分が今ここに。

もう一個買っておこうかな? あと、ドロイド君Tシャツも狙っています。<自分 見かけた方はぜひご一報を。

『世界の山ちゃん』のは、自分には濃すぎたり。 [PC]

どうもこんばんは、先々日、齢47にして、台詞を
だいし
と、読み、

基金訓練の筆記試験の際、「90ccの水に10gの食塩を入れました。何%の食塩水になるでしょう」との問いに、
75%
と、回答した方に、「アホはあんただ! その事はみんな知っとるわ!!」と、アホ呼ばわりされた自分です。それにしても、
みんなって誰だよ??

ちなみに自分の性格を動物に例えると、
だったりします。

それはさておき、先々日リアルショップ、ビックカメラ名古屋駅西店にて、こんなものを買ってみました。製品名はAmazonによりますと『SANWA SUPPLY USB-TOY59 LEDライト』です。

その名のとおり、USBを電力供給元にし、縦か横かは定かではありませんが10粒のLEDにて、おもにPC操作の際、手元を照らすためのライトです。

今まさに、部屋の蛍光灯を消し、キーボードの高さから約70cm上の場所にこの製品を取り付けつつ、この記事をおこしていますが、十分な明るさを保ってくれています。

今まで深夜のPC操作の際は、アーム式のライトに蛍光灯型ランプを用いていましたが、これがまた眩しすぎて、シェードをあらぬ方向へ向け、わずかな光を利用している状態だったのです。蛍光灯型ですから13Wとはいえ、まさに電力の無駄使いとはこの事。もっと早くこの環境に改めるべきでした。<自分

先々日といえば、あの一件も記事にする価値アリアリです。

先々日の自分は上記の製品を買い求めたあと、5時間近くアルコールを体全身に巡らせつつ、何年かぶりに午前様をとある方に経験させていただいたのです。

その後、ちょっとの頭痛を抱えながら大量の眠気に誘われ、靴下一枚脱ぐことなく、自室の約20年もの間一度も替えられた事のないカーペットに、大地にひれ伏すかのように倒れ込んで寝付いてしまいました。

たった二杯の酎ハイでこの様な体たらく…このままではビール中ジョッキ6杯でまだまだほろ酔い加減の様子だったとある方の本当の呑み仲間にはなれそうにありません。トホホ。

iBookG4修復計画 [PC]

昨日は次に受ける基金訓練の受験日でしたが、その話題ザックリ切り捨てつつ、前回記事の続きを書き記す事にします。

試験終了後、栄にあるアップルストアに、たった5日間ですでに自分の中では愛機になりつつあるiBookを持ち込みました。受付の方に名前やメールアドレスを伝え、15分ほど待っていると、自分の名前が呼ばれたので、スタッフの方に勧められたテーブルについて、自分のiBookG4の抱える症状についてあれこれ説明しました。

スタッフの方は一目で原因を見いだしたようで、『これは中の金属フレームが折れていますね。』との事。先ほど念のためにもう一度分解して確認してみましたが、見事にヒンジ近くの右側の金属フレームが折れるというよりも、完全に断裂していました。

これはもう、自分のできる修理法としては溶接しかありません。うまい事に自分は溶接作業ができる、ガス溶接技能講習修了資格を所持していますが、まずい事に家にガス溶接機器一式がありません

無償修理の話を持ち出すと、『これは無理ですね。』と、つれないお言葉。念のために修理にかかる費用を尋ねると『それほどかかりませんよ。』と、一声残しつつ奥のブースへ消えていき、数分後また自分の元へ戻って来てくれました。

そして一言、『済みません、このモデルはかなり古いものなので、修理部品のストックがもうありません。』

数十分間、自分のために応対していただいたスタッフの方にお礼の言葉を残して、アップルストアをあとにした自分。

そして、先ほど分解して確認した金属フレームの断裂ですが、幸運にもそれは右側一個所のみでしたので、問題なくヒンジと繋がっている左側の上蓋の方へ力を入れ、液晶パネルを開けてみると、そこそこスムーズに開く事ができました。

抜本的な解決方法を探っていたものの、残念ながらその道を絶たれてしまった自分。それでも回避策は見つけられましたので、しばらく開閉の際は慎重にこの手を用いながらiBookを大切に扱いたいと思います。

それでも溶接で完全修復させる手は忘れていない自分が今ここに。一人手助けしていただけそうな人物がいますので、その機会を探りつつ、その方に頼んでみるつもりだったりします。

やはりMacは美しいのでした。 [PC]

今日はまたしても自分の中では休校日だったのですが、こんな日に限って体調不良で布団の中でゴロゴロ…そしてまた、こんな日に限って注文していた2点のパーツが届いたりしまして…

Apple iBook G4 M9623J/A
うっかりパーツの交換作業を始めてしまいました。

まずはメモリから交換しました。購入したのはAmazonのレビューにて iBook G4での動作確認がとれた、I-O DATA memory series PC2700 (DDR333) S.O.DIMM 1GB SDD333-1G/EC。いわゆる白箱ものなのですが、メーカーサポートも受けられ、それでいてお値段控えめで、とってもお得な一品です。

さて、実際に交換作業を始めてみると、とある事実に気が付いた自分。メモリスロットが空のままだったのです。と、いう事はもともとの256MBのメモリはオンボードに搭載されていたのですね。だとすると、メモリは1024MB+256MBで、約1.25GB。当初は256MBのメモリと1GBのメモリを換装するつもりでしたので、これは嬉しい誤算となりました。
Apple iBook G4 M9623J/Aのキーボード。

そして、その次はキーボードの交換です。上の写真は交換後の一枚。こうしてみると、やっぱりキーボードの一枚ですら、Macは美しい事この上なかったりします。

iBookは発売時期によりいくつかのバリエーションが発売されていましたが、キーボードはまったく同じものを使っているようで、そういった事情もあり、こういったパーツ類の中でも入手はしやすい方かと。また、Webで探りを入れてみると、あんがい価格面でも財布に優しかったりします。これも嬉しい誤算でした。


Macをばらす行程範囲は、メモリもキーボードもまったく同じで、解体の難しいとされるiBookやMacBookの中でも、初心者の方にでも特に無理なく作業可能と思われます。公式でもPDFで交換方法が詳しく掲載されているくらいですし。

作業としては古いキーボードのフレキシブルケーブルをコネクタから外して、そこに新品のキーボードのフレキシブルケーブルをコネクタに差し込むだけ。たったこれだけで終了です。コネクタも固くて外しにくいという事もなく、とても簡単です。

Apple iBook G4 M9623J/Aの液晶とフレームの隙間
そして次なる修理目標個所はここ。モニタのはめ込んである上蓋を開ける際、上記の写真の指先部分(液晶部分とそれを四方に囲うプラスチック部分)が大きく開いてしまうのです。その理由は購入当初から異様にヒンジが硬すぎたからです。

確認のため、上蓋部分を開けてみると、中で液晶は金属フレームで固定されていて、自分の想像ではその金属フレームはヒンジ部分まで繋がっているのではないかと…ですので、あまり気にする事はないのですが、上蓋を開ける際、液晶にストレスがかかっているような様子が見受けられます。

できればこの隙間をなくしつつ、ヒンジの硬さを液晶を斜めにしても固定できる程度に緩めたいのですが、これは相当難易度が高そうですので、明日以降、アップルストアに持ち込んで相談してみるつもりです。

願わくば、自然故障ということで、修理費無用になりますように。<銀河系に存在するすべての神々

とうとう自分もマカーデビューです。 [PC]

昨日は自分の中では休校日でしたので、一昨日の夜21時になり、以前から交渉していた無償譲渡の話がまとまったため、すぐさま愛車青の一号にて往復20Kmかけて取りに向かったPCと一日中たわむれる事にしました。

iBook G4 M9623J/A

↑そのPCがこれです。↑

PCの名称はApple iBook G4。型番はM9623J/Aで、2004年10月モデルです。

スペック的にはOSはMacOS10.3、CPUPowerPC G4 1.2Ghz、液晶サイズは12インチ、メモリは256MB、ハードディスク容量は30G、ディスクドライブはDVDコンボと、こういった内容です。

写真でご覧のとおり、キーボードはガタガタで、キートップがあるキーでも入力を受け付けないキーも多くあり、また、液晶と本体をつなぎ止めるヒンジ部がもともと固く、液晶のヒンジ周辺の筐体部分がかなり浮いていて、液晶部分を開くとき、できるだけ力を入れずにそっと開けています。でないと、一気にバリッと剥がれそうで、ちと怖かったりするのです。

外観の修復はかなり難易度が高そうなので今回はディレイとし、OSは今から3世代も前という代物なので、せめてといった思いを込めて10.3→10.4へ、メモリは256MB→1GBへ、キーボードは丸ごと交換する予定です。

OSだけはすでにアップグレード済みなのですが、やはりメモリがわずか256MBという事もあり、相当苦しそうに起動してきます。<10.4 ま、MacOS 10.3のころからすでにときおりモッサリ感を漂わせていましたので、これはいたしかたなしですな。

キーボードは外付けのものを使っていますが、MacOS特有のキーがどのキーに割り当てられているのか、もしくは割り当てられていないのかもうひとつ理解が進みませんので、できるだけ早く本体組み込みのものを選びたいのが本心だったりします。

そういった訳でメモリと交換用のキーボードはすでに通販で注文済み。次回は綺麗にキーが整った状態のMacのお姿をお見せしたくそう思います。<読者の方々
前の20件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。